京都モノづくりの殿堂・工房学習を育む会

育む会の名称画像

topic-path

nav-global

「京都モノづくりの殿堂・工房学習を育む会」 活動概要

市民ぐるみで子どもを育んできた「ひとづくり」の伝統がいきるまち・京都

  • 企 業
  • 大 学
  • NPO
  • 市 民
  • 学 校
  • マスコミ
  • 行 政

括弧の画像

京都こどもモノづくり事業推進委員会

*

京都モノづくりの殿堂・工房学習

ねらい : 
日本のものづくりをリードする京都の先端産業や先端科学に関心をもつものづくり企業創業者等の生き方やものづくりに携わる人のモノづくりへの情熱をふれることを通して、自身の将来や夢について考えを深め、その実現に向けて意欲をもつ。
対 象 : 
京都市立小学校 4年生 ~ 6年生
学習の : 
流れ
学校での事前事後学習をもとに、「モノづくりの殿堂展示から調べて学ぶ活動」と「モノづくり工房で先端技術の原理や製品の仕組みを、組立・分解・製作等で体験する活動」を行う。

殿 堂

*

創業者のモノづくりへの情熱を伝える

工 房

* *

先端技術の原理や製品の仕組みを組立や分解を通して学習する「体験学習」

* *

京都モノづくりの殿堂・工房
学習を育む会

モノづくり学習支援員
(みやこ)モノレンジャー)

  • 【趣旨】   

    産学公私が連携を強化し、子どもたちのモノ
    づくりへの興味・関心を高めるとともに、創
    造性社会性等を育む体験学習の推進を図る。

  • 【支援事業】
    • 京都モノづくりの殿堂・工房学習における教材の協賛
    • 京都モノづくりの殿堂・工房学習での講師謝礼の協賛等講師
      派遣に係る支援
    • その他子どもたちのモノづくりの興味・関心を高めるために
      効果的であると認められる事業の支援
  • 【設立年月日】   

    平成22年5月25日

企業でモノづくりに携わってこられたOB等が現場で培われた専門知識や技術を活かし子どもたちの体験学習の支援を行う。
平成29年度は延約 1,400 名が活動予定。

*

*